いちじくをドライフルーツにすると栄養価やカロリーが高くなる?

いちじくは、もともと栄養価の高いフルーツですが、ドライフルーツにすることで栄養価も高まり、いちじくの栄養価が得られやすくなります。
いちじくは、昔から不老不死の果物として健康にも美容にも良いことからよく食べられてきました。
水溶性食物繊維であるペクチンが多く含まれているため、便秘の解消にも役立ちます。
また、カルシウムや鉄分といった栄養素も豊富で貧血予防や、骨を丈夫にする効果も期待できます。
その他、カリウムも含まれ、体内の余分な塩分を排出してむくみ予防になりますし、高血圧症の人にも効果的です。
いちじく特有の 酵素である、フィシンという分解酵素は食べ物の消化を助け、ベストアルデヒドと呼ばれる物質は抗癌作用もあります。
このように、生のままでも十分栄養価は高い食材です。
これを、ドライフルーツにすることで水分が抜け、栄養素も凝縮されるため、カルシウムや鉄分、ナトリウム、カロテン、ビタミンB、ナイアシンなどは生の時に比べて2倍から5倍近くも栄養価が高まります。
ただし、カロリーに注意が必要です。
ドライフルーツになると小さく凝縮される分、多量に摂取でき、カロリーも高くなる傾向にあります。
ダイエット中やカロリーが気になる場合は、食べ過ぎ注意しましょう。

itijiku11

ドライフルーツのいちじくにはどんな効果や効能がある?

ドライフルーツのいちじくには、健康や美容のために役立つあらゆる効果や効能があります。
まず、食物繊維が豊富なため、腸内環境を整え便秘の解消に役立ちます。
鉄分やカルシウム、カリウムなどのミネラルや、ビタミンB群やビタミンCも含んでいるため、血行を良くし、冷え性の改善、抗酸化作用によるアンチエイジングなど女性にうれしい効能がたくさんあるのが特徴です。
また、いちじくのドライフルーツには、タンパク質を分解する酵素の一種が含まれているため、消化機能を助ける効能があり、食べ過ぎて胃が持たれるのを防いだり、余計な脂質や糖質の吸収を抑え、体脂肪を増やさないようにするなどダイエット効果も期待できます。
生のいちじくに比べ、ドライフルーツは、栄養素が凝縮されるため、ミネラルや食物繊維、ビタミンなどの量が増えて更に効能が得られやすくなります。。
生だと独特の食感が苦手だったり、皮をむくのが面倒で食べにくい果物ですが、ドライフルーツであれば、おつまみ感覚で簡単に食べられるので1日に3個程度のドライいちじくを食べれば美肌や健康効果が期待できます。

itijiku12

ドライフルーツのいちじくは便秘に効く?

いちじくは、健康や美容に効果的な栄養素がたくさん含まれていますが、ドライフルーツにすることで、更にその栄養価は高まり、特に便秘解消には高い効果が期待出来ます。
いちじくは水溶性の食物繊維であるペクチンがたっぷり含まれています。
水溶性食物繊維は、便を柔らかくして便を出しやすくするものです。
これに対して不溶性食物繊維は、便の量を増やして腸の活動を活発にするものです。
この二種類の食物繊維を合わせて摂ることで、腸内環境が整い便秘を解消することが出来ます。
いちじくには、この二種類の食物繊維を持っているため、便秘解消にはとてもおすすめです。
更にドライフルーツにすることで、栄養価が凝縮され、生の状態よりも効果を得られやすくなります。
いちじくのドライフルーツは手に入りやすいため、毎日続けて食べることが出来ます。
また、長期保存が出来、手軽に携帯できるので、いつでもどこでも食べることができます。
ドライフルーツをヨーグルトと一緒に食べたり、グラノーラに入れて食べたると更に便秘解消の効果を高めるためおすすめです。

itijiku13

いちじくのドライフルーツの効果的な食べ方は?

いちじくはカリウムやペクチンが豊富に含まれています。
ドライいちじくだけでも栄養価が豊富なため、健康や美容に嬉しい効果をもたらせてくれますが、食べ合わせによって更なる効果が期待できます。
ドライいちじくには、ペクチンと言われる食物繊維が豊富に含まれます。
このペクチンは水溶性食物繊維のため、水に溶ける性質があります。
ペクチンに含まれる食物繊維は水に溶けることで、排便をスムーズにしてくれます。
このようなことからも、ペクチンは水分と一緒に摂取することで効果を発揮するため、水分を含む食材と一緒にドライいちじくを食べることをおすすめします。
水分を含むヨーグルトに、いちじくのドライフルーツを加えると、便秘解消に高い効果が期待出来ます。
ミキサーにヨーグルトや牛乳などと一緒にいれることでスムージーとして楽しむこともできます。
他にもいちじくはフェシンという分解酵素を含み、食後の消化を助ける働きがあります。
そのため、肉料理などの消化の悪い食事に添えて食べるのも効果的です。
付け合わせのサラダにまぜたり、細かく砕きドレッシングに入れるなど工夫して効果的に摂取しましょう。

itijiku14

簡単な作り方は?

栄養価が高くても、生で食べるには限度があるいちじくをドライフルーツにしてみてはいかがでしょうか。
用途もいろいろあり、簡単に自宅で作れるので挑戦してみましょう。
まず、始めにオーブンを160度に余熱しておきます。
余熱している間にいちじくを四等分にカットし、カットしたいちじくをオーブンに入れ、そのまま160度で1時間ほど加熱すれば完成です。
生っぽいものが好きであれば焼き時間を短めに、完全に乾燥させたい時は長めに加熱してください。
こまめに状態をチェックしつつ、焼き時間を調整すると好みの状態のドライフルーツになります。
オーブンが無い場合は天日干しにします。
この方法はカットしたいちじくを平らなザルなどに並べ、日に当てて乾燥させます。
晴れた日にいちじくを外に出し、夜に取り込むとうことを1~3週間ほど繰り返すと出来上がります。
この方法は、時間がかかりますが特別な道具は必要ないので手間さえ惜しまなければ誰でも作ることができます。
これも、好みの乾き具合を見計らい、干す期間を調整しましょう。

itijiku15

いちじくに関係が深いこと

いちじくって色々な効果が期待できるんですね。
ドライフルーツにすることも良いです。
また、いちじくについて調べていると、イボの話題もよく出てきます。
イボについてもっと知識を蓄えていきたいなら、そういうサイトも存在しますので、一度目を通してみると良いかもしれないですね。